NEWS 最新情報

  1. TOP
  2. 最新情報
  3. お知らせ
  4. ZOHO Authorized Partnerになりました

ZOHO Authorized Partnerになりました

ZOHO Authorized Partner

弊社では、ゾーホー・コーポレーション(Zoho Corporation/米国カリフォルニア州)とパートナー契約を締結し、同社が提供するビジネスアプリ「ZOHO Products」(公式サイト:https://www.zoho.com/jp/)の導入支援や実装を手がける、ZOHO Authorized Partnerとなりました。

Zoho製品の主な特徴

40以上のビジネスアプリが一つのアカウントで利用できる

Zohoの最大の特徴は、顧客管理システム(ZOHO CRM)をはじめ、営業支援・マーケティング・顧客サポート・在庫管理・請求管理・人事・採用などあらゆる企業活動に関わるクラウドアプリケーションが一つのアカウントで利用でき※1、それぞれのアプリを実際の業務に即した形にカスタマイズでき、さらにアプリケーション同士を連携できる、という点です。

例えば、Webサイトからのリード(見込み顧客)をCRMに取込、営業支援ツール・マーケティングツールを駆使してナーチャリング〜顧客化し、請求管理・受注管理・レポート・分析といった一連の業務の流れをオートメーション化する(デジタルトランスフォーメーションの構築)、といった使い方ができます。

※1 ZOHO ONE(アプリケーションスイート)をご利用の場合

主なアプリケーション

ZOHO CRM ZOHO CRM
顧客管理システム。
日々の営業活動やWebからのお問い合わせ、名刺スキャンなどから見込顧客のデータを取り込み、既存顧客と併せて顧客データの一元管理と分析ができます。
ZOHO Motivator ZOHO Motivator
営業管理ツール。
「楽しんで結果を出す」をコンセプトに、営業チームを活性化するアイデアが盛りだくさん。定量化された活動レポートが営業担当のやる気を増幅させます。
ZOHO Form ZOHO Form
フォーム作成アプリ。
Webサイト上のフォームとZOHO CRMをシームレスに連携できる他、単体での運用も可能です。
WordPressとの連携も◎
ZOHO SalesIQ ZOHO SalesIQ
オンラインチャット
Web訪問者をリアルタイムに把握し、オンラインチャットやチャットボットを利用でき、CRMとの連携が可能です。
ZOHO MarketingHub ZOHO MarketingHub
MAツール
カスタマージャーニーやアクショントリガーを自由に設定でき、営業プロセスを自動化します。
ZOHO Campains ZOHO Campains
メルマガ配信ツール
HTMLメルマガの編集や配信ができ、CRMとの連携も可能です。
ZOHO Social ZOHO Social
SNSマーケティング
Facebook、Twitter、Instagramなど、複数のSNSアカウントを一元管理でき、投稿予約、キーワード監視、レポート分析が可能です。
ZOHO Survey ZOHO Survey
アンケートツール
簡単にアンケートフォームを作成でき、顧客満足度調査や集計レポートの共有が可能です。
例えば、セミナーを定期開催されているお客様にはきっと重宝するはずです。
ZOHO Sign ZOHO Sign
電子署名ツール
オンラインで作成した契約書を送信し、電子署名で契約締結が可能です。CRMと連携し、顧客ごとの契約書管理も可能です。
ZOHO Inventory ZOHO Inventory
商品・在庫管理ツール
商品在庫の管理や受発注管理が可能です。もちろんCRMと連携し、顧客データと紐づけて管理することができます。
ZOHO Books ZOHO Books
会計・請求管理ツール
売上・見積り・請求書管理が可能です。ZOHO InventoryやZOHO CRMと連携し、経理業務を効率化できます。
ZOHO Desk ZOHO Desk
ヘルプデスク
メール・チャット・Webフォーム・電話・SNSなど複数チャネルのお問い合わせを一元管理・共有できます。
もちろんCRMと連携し、顧客データと紐づけて管理することができます。
ZOHO Assist ZOHO Assist
遠隔サポート
オンラインで画面を共有しながら、リモートサポートを可能にするツールです。操作サポートやテクニカルサポートの質と効率を高めることができます。
ZOHO Analytics ZOHO Analytics
BIツール
バラバラに管理しているエクセルの分析シートをBIツールに統合すれば、各データの統合・紐づけ・レポーティング・データの可視化が可能になります。もちろん、他のZOHOアプリとの連携も可能です。

いかがでしょうか?ざっとご紹介しただけでも、貴社の業務効率化に使えそうなアプリ・ツールが見つかったのではないでしょぅか?
ここでご紹介したのはZOHO製品の一部です。ZOHOには他にもたくさんの業務アプリが用意されています。

さらに驚きなのは、これらの製品群がすべて一つのアカウントで利用可能になることです。※2

※2 ZOHO ONE(アプリケーションスイート)をご利用の場合

まずはCRMから導入がおすすめ

これだけたくさんの製品があると、どれから導入すればいいかわからない、という企業様も多いはずです。
実際にこれまでエクセルなどで管理してきた業務を一度にすべてクラウド化するというのは現実的ではありませんし、導入したツールの操作方法に慣れるまで現場は混乱してしまうかもしれません。

ZOHO CRM

そのような場合には、まずCRMから導入し、営業支援業務・マーケティング業務・管理業務・顧客サポートなど業務の関連性が高い部門に段階的に拡げていくのがおすすめです。
弊社では中小企業様向けに、最終的なDXデザインと導入計画作成〜実装〜トレーニングまでをトータルサポートさせていただいておりますので、導入をご検討のお客様はお気軽にご相談ください。